緑化廃棄物のたい肥化と行政コスト削減

 

緑化廃棄物の処理は、2つの問題を抱えています。

1つは焼却コスト。 重油を使い、燃やします。

昨今の燃料費の高騰により、そのコストはうなぎのぼりです。

結局ゴミ処理費の市民負担としては、指定ゴミ袋の販売と、一般には目の届きにくい税金が投入される事になります。

もう1つは、世界的な二酸化炭素削減の動き。

元々は、枝葉、草花である緑化廃棄物。

水分が多くそれを燃やすために重油を使わざるを得ないため、更に二酸化炭素が排出されます。

環境問題をリードしていく行政にとって、「水を燃やす」ために「油を使う」という、矛盾が生じているのも事実です。

しかし、このまま従来のごみ処理を続け、税金を垂れ流し、二酸化炭素を垂れ流し、問題を先送りしていくことは出来ません。

そのツケは近い将来、我々の子供や孫の代で破綻することになるでしょう。

一刻も早く、現在のごみ処理の問題を解決しなければなりません。

 

バイオ菌による緑化廃棄物のたい肥化「BESシステム」

 

東海バイオの有するバイオ菌、そして「バイオ菌エコシステム技術」BESシステムにより、この緑化廃棄物の問題は、驚くほど効果的に解決することが出来ます。

 

1. バイオ菌の生物分解で、焼却による重油使用はゼロになります。

2. 緑化廃棄物が優れたバイオ肥料となります。

3. 完成したバイオ肥料は、市民に還元する事が出来ます。

4. CO2削減効果は、無限大。

5. 地域のクリーン農業を応援出来ます。

 

ひとつづつ、検証していきましょう。

燃やすしかなかった緑化廃棄物が、バイオ菌をはじめとする有用菌により生物分解で処理します。

その結果、重油ゼロで済み、大幅なコスト削減となります。

また生物分解された緑化廃棄物は、優れたバイオ肥料となります。

1000m3の緑化廃棄物があれば、約500m3のバイオ肥料として利用できます。

この技術では、各種緑化廃棄物を、わずか60~90日でバイオ肥料化します。

そしてCO2排出は限りなくゼロとなります。

 

お分かりでしょうか。

東海バイオのBESシステムを応用することで、マイナスでしかなかった緑化廃棄物処理を、バイオ肥料化する事で、植物の生長を助ける資材に変わります。

その植物が地球上のCO2を吸収する削減効果により、プラスにして返すことが出来るのです。

 

「東海バイオさん、そんなにうまくいくものですか? 菌だけではなく、巨大なプラント設備を導入せねばならないというオチではないの?」

 

行政の環境課の皆様なら、そんな不安を抱かれるかもしれません。

後ほど別項でも説明しますが、巨大プラントは必要ありません。

屋根、壁があれば簡易な建物で十分です。

イニシャルコストも大変少なく済みます。

さて実際のコスト削減効果をお知らせいたしましょう。

 

BESシステム技術導入前(Before)

1、緑化廃棄物年間1000t 廃棄物処理(焼却)コスト 6万円/1t = 6000万円

2、CO2発生量(試算) 重油焼却分

BESシステム技術導入後(After)

1、緑化廃棄物年間1000t バイオ菌エコシステム処理コスト 1万円/1t = 1000万円

2、CO2発生量(試算) (重機使用分+分解時に発生するCO2)-バイオ肥料使用で植物が吸収する分

 

岐阜県内のH公園では、年間1000万円近くかかっていた緑化廃棄物のコストを、300万円にまで削減しました。

なおかつCO2削減効果は大きく、環境負荷を下げるのに役立っております。

しかしそれだけではないのです。

500tの緑化廃棄物から、大変優れた有機バイオ肥料がなんと200tも生まれたのです。

緑化廃棄物は元々植物であり、有機バイオ肥料となります。

そして、この肥料は、市民や地域住民に「無料配布」という形で還元されています。

これが、地産野菜生産の応援にもなり、農業振興の礎となります。

行政や学校関係でも、公園整備、環境整備、芝生整備、花壇整備などに利用することが出来ました。

まさにマイナスから、プラスを生むことになったのです。

 

このような方々に、私どもBESシステム技術を使っていただきたいと考えます。

 

1、行財政の立て直しを真剣にお考えの施政者の皆様

2、行政の環境課の皆様

3、もやし・きのこ等の食品加工工場の皆様

4、環境問題で問題意識をお持ちの市民の皆様

 

明日を担う子供たちの未来を、真剣にお考えの皆様との出会いを、東海バイオはお待ちしております。

BESシステム「バイオ菌エコシステム」の技術資料、実績資料、またはご相談はこちらからお申し込みください

なお企業秘密を有した資料となります。

同業者への提供はお断りさせていただきます。

また他者への配布は、著しく私どもの利益を害することがございます。

お取り扱いを、厳重にしていただけますようお願いいたします。

資料請求はこちらのフォームにご記入ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

会社名または事務所名

住所(必須) 郵便番号から入れてください

電話番号(必須)

お問合せ本文

メールフォームからいただいたお問合せは迅速にお答えさせていただいておりますが、メールアドレス間違いなどでお答えが却ってきてしまうことがございます。

なるべく電話番号も添えてお問合せいただくことをオススメします。

電話 0573-28-0061 担当:柘植清成(つげ きよしげ) メール info@tokai-bio.com